人間関係を築くうえで意識した方がいいこと

  • URLをコピーしました!

本当に強い人は、弱さも見せる勇気を持っている。

それを教えてくれたのは、私の職場の元上司のMさんだ。このとき私は、自分の弱さをどこまで見せていいのだろうかという相談をしたのである。私は気持ちが不安定で、心身の調子を崩しやすく、そのせいで友人との約束をキャンセルしてしまったり、人に迷惑をかけてしまうことが多かった。これに関しては本当にどうしようもなくて長年付き合い続けてきた課題でもあるのだが、自分のコンディションを管理できないのは社会人失格だとも思っていて、恥ずかしくていつも隠してきたのだ。でもそれが誤解を生んで、相手を蔑ろにしていると受け取られて離れてしまう縁も多かった。

これに対しどうやって対処していけばいいかをMさんに相談すると、二つのアドバイスをくれた。一つは、「人間関係を築く上で意識すべきなのは、いかにして自分を楽にしてあげられるか」ということ。そもそも、他人付き合いというのはどんな関係であろうと気は使うし疲れるものである。何をしても疲れるのなら、どんどん自分を楽にしていける方法を考えてあげるべきなのだ。その時に、自分の弱さや恥ずかしいところも少しずつ見せていくこと。それで相手が離れていけば合わなかったというだけのことだし、受け入れてもらえたら万々歳なのだから。

二つ目のアドバイスは、「自分自身で完結するようなことでも、失敗したなら反省して次に生かす」ということである。私は割と他人に気を使うタイプなのだが、体調を崩す時にはそれが関係していることも多かった。しかし、他人に気を遣ったせいで体調を崩したときには、それは自分が未熟で足りていないからという思いがあってそれが改善できるものだという意識もなかった。しかしMさんによれば、それは反省と改善をしてこなかった結果なのだという。

「体調を崩したり落ち込んだりしたときに、何が原因かを考えどうすれば自分が楽になれるかを意識していくと、気分の不安定さやあなたの体調不良というのは自ずと減ってくるのではないか」

とMさんは言った。私はこれを持病のようなものだと思っていたので、改善していけるかもしれないという発想は目から鱗だった。今回の学びは、“弱さも見せられる人が、本当の強さを手に入れられる“ということではないだろうか。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

月光のアバター 月光 中卒フリーター

不登校や高校中退、精神疾患などを経て色々吹っ切れた人です。転職や転居を繰り返しながら、幸せを探しています。ライターのお仕事募集中です。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次