ウイグル料理

  • URLをコピーしました!

・ウイグルとは

画像

新疆ウイグル自治区は中国北西部にある自治区です。砂漠や山が広がるこの広大な地域には、テュルク系のウイグル族を含む多くの少数民族が住んでいます。中国と中東を結ぶ古代のシルクロード交易路の一部であった名残は、オアシス都市であるホータンやカシュガルの伝統的な屋外バザールに見ることができます。

Google

ウイグル族とは、4世紀〜13世紀に中央ユーラシアで活動したテュルク系民族、及びその後裔と称する民族を指す。
ウイグル族の祖先は、紀元前3000年頃からモンゴル高原から中央アジアにかけて生活していたとされる。そこから次第に南下し、白人系原住民と混血していったのがトルコ人、中央アジアに拠点を置いたのがウイグル人である。つまりトルコ人とウイグル人は共通の先祖をもち、共にモンゴルにルーツがあるため、モンゴル人とは昔々隣に住んでいた遠い親戚のようなものであると言える。
8世紀半ばにはウイグル族の国を持っていたが、キルギス(現在のウイグル自治区の左上にある国)の侵略によって崩壊。13世紀にも「天山ウイグル王国」という小さな国を持っていたが、モンゴル帝国に支配されてしまう。モンゴル帝国には文字や文化がなかったため、準王族として迎え入れられ、要職につきながらモンゴルの文字や文化を整えていった。モンゴル帝国滅亡後は中国に合併され、現在に至る。
古代の交易路であったシルクロード(中国の長安からイタリアのローマまで結んだとされる)では、ウイグル族の住んでいたオアシス都市が重要な役割を果たした。イラン系民族であるソグド人商人の旅の安全を助け、手厚くもてなして保護したのである。その見返りとして異国の珍しい交易品や、ペルシャや中国などの知識や文化などがもたらされた。モンゴル帝国による支配と共にイスラーム化するまでは、ソグド人によってもたらされたマニ教や、インドからシルクロードを通ってやってきた仏教が信仰されていた。
使われている言語はウイグル語で、文字は改良アラビア文字を用いる。現在中国政府によるウイグル族弾圧や強制労働が問題になっており、2021年夏にUNIQLOがウイグル自治区の綿を使っていることが発覚し、不買運動があったのは記憶に新しい。

目次

ウイグル料理

ウイグルの食文化は、オアシスの農耕と牧畜、およびテュルク(トルコ)系民族の歴史が基盤になっている。特に、地理的にも隣接するウズベク人やカザフ人と共通した料理が多い。また、食材、調味料、調理法などに、回族や漢族からの影響も見ることができる。

Wikipedia

ウイグル料理はムスリムの料理であり、必ずハラールの食材を用いる。ラム肉と麺を使用した料理が多いのが特徴で、その他小麦を使ってナンや肉まんのようなものもつくったりする。

2021年10月13日、東京都新宿区にあるウイグルレストラン「シルクロード・タリム」へ行ってきた。

ウイグルレストラン シルクロード・タリム · 〒160-0023 東京都新宿区西新宿3丁目15−8★★★★☆ · 中東料理店maps.app.goo.gl

国道から脇道に入ってすぐのところにあり、路地裏の隠れ家感と、外観を照らすネオンがとても異郷的で、入る前からワクワクしてくる。店内の家具はゴージャスでアラビアンな装飾が施されており、瞼を閉じればシルクロードの砂漠の道が浮かんでくるかのようだ。
ウイグル族の店員さんは、日本にも近しいようなアジア人の雰囲気ではあるが、目鼻立ちがハッキリしていてアラビア系の顔立ちとも取れる要素もあるのが印象的だった。

画像
ドガップ

まず頼んだのば、ドガップという冷たいヨーグルト飲料。「ウイグル秘伝」「特別メニュー」とデカデカと書いてあって、頼まずにはいられなかった。ラッシー程の粘度は無く、カルピスのような優しい味がする。
後で調べたところ、砂糖の入ったこちらのかき氷仕立てのものは観光客用のパフォーマンス品で、本来のものとはかけ離れているため、現地では「キチガイの発酵乳」という意味で「サランドゥー」と呼ばれているらしい。

画像
スグ カワプ

ハラールの料理をたべるならかかせないのがこれ、ラム肉の炙り焼きだろう。大きな鉄串に刺して豪快に焼かれた姿は、見ているだけで楽しい気持ちにさせてくれる。日本の焼き鳥の倍以上の大きさがあり、肉をガッツリ食べたい時にオススメだ。
ウイグルは定住型農耕民族であるが、放牧民だった頃からラム肉を食べているらしい。

画像
タリム ラグメン

店員さんにオススメを聞いて教えて頂いたのがこれ、ラグメンである。コシの強い麺に羊肉とトマトの野菜炒めをかけた料理で、見た目は中華に似ているけれど、味はアラビアと似ている……ところもあるけれど、例えようのないオリジナルな味わいがとても新鮮だった。
一説では、ウイグルは世界初の麺料理発祥の地と言われている。日本の麺料理の歴史は1000年なのに対して、ウイグルは3000年。ウイグル族にとって麺料理とはイタリアのパスタのようなものであり、ほぼ毎日食べる欠かせないもののようだ。

ウイグル族の人口は約1000万人で、日本国内には1000人近くのウイグル族がいるようである。Googleマップで調べてみると、東京や大阪に割と多くのウイグル料理店があって驚いた。中国のウイグル族弾圧問題は、日本にとっても切り離せない問題である。まずは料理を食べて親しみを感じながら、ウイグル族について考えてみるのもいいかもしれない。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

月光のアバター 月光 中卒フリーター

不登校や高校中退、精神疾患などを経て色々吹っ切れた人です。転職や転居を繰り返しながら、幸せを探しています。ライターのお仕事募集中です。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次